読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

diary

映画と本

『ハッシュ!』(2001年)橋口亮輔監督

f:id:takemo1025:20151113230030j:plain

両親の離婚もあって、幼少期から父親という存在に確信めいたイメージが持てない、あるいは自分が家族をもてるなんて考えもせずに過ごしてきたゲイの男性カップル(田辺誠一高橋和也)は、二度の中絶を経験したが、なおも子供が欲しいと望む女性(片岡礼子)の申し出ーー「あたし、子どもがほしいの」ーーを受ける。それは、いささか唐突(偶然、居合わせた蕎麦屋で傘を借りた程度の仲)で、頭が可笑しい(理由は父親になれそうな目をしていた)のかもしれない。

 女性はコンビニでよく会うであろうヒモ男と、その場しのぎ(一夜)の孤独の埋め合わせを淡々とおこなう。(顔見知り程度の)誰かと時間を共有することを繰り返すことで、彼女の孤独が本当に掻き消されているのかは疑問である。夜の闇で一時的に不可視になっているだけで、本当に何かが解決しているわけではないようにみえる。そんなことを察してか、あるいはそんな生活に辟易してか、それとも「やりだこ」と医者に宣告された言葉が重くのししかったのか、切実なる願いを込めた申し出ーー「あたし、子どもがほしいの」ーーを男(田辺誠一)に告げる。

 そうはいっても、そのような奇妙な申し出を端として、構成されるゲイカップルと女性からなる三人の関係は世間的には「考えられない」だろうし、「理解できない」かもしれない。物語においても、三角関係の相関図に矢印を引かれるような「彼氏/彼女」「元彼氏/元彼女」だの、さまざまな関係を表すワードを並べることが、この映画にはできないし、そのどれでもない。関係性を表すワードを彼、彼女たちは持ち得ていないし、世間から持たされていない。周囲、とりわけ男の兄嫁は「理解できない、わからへん」と罵り続け、ついには「気色悪い」と吐き棄てる。このシーンでの女の返答が、またもや切実である。

 誰からも祝福されるような「幸せ」、というのを彼、彼女たちは自分には縁がないものとして、生きてきた。別に、世間がいう「幸せ」に限りなく近い位置に擦り合わせた「幸せ」を得たいのではない。ただ「今日より明日」に希望(もっといえば、楽しみでもいい。)がもてるような生活をしたいだけであるし、「これが俺なんだもん...」という嘆き(=自分の存在)を互いに受け止めてもらえる関係を築きたいだけなのである。その一方で、他者を受け入れることを疎かにし、「自分を認めてほしい」だけが先行する人、例えば冒頭のヒモ男は再度終盤に登場し、電話口の相手(おそらく彼女)にあっさりと嘘をつくし、男の会社の同僚はまさに「自分のことばかりだな...」と思わずにはいられない行動をみせる。が、それは主人公たちのような人に出会えなかっただけ、とも言えるだろう。

 三人の関係がこの先、数十年後どうなるか、わからない。「上手くいくはずがない」と簡単に言うこともできる。しかし、最後に鍋を囲む三人をみてみよう。この上なく、幸せそうじゃないか。それでいいじゃないか、隣に(両隣に!)この人がいてくれれば、それで。

www.youtube